戸山第3保育園跡に高齢者施設「戸山いつきの杜」オープン

8月28日の午後、戸山ハイツ4号棟の1階部分に小規模多機能とデイサービスを実施する「戸山いつきの杜」の開所式がありました。

元々、100名規模の区立戸山第3保育園があったところです。最後まで廃園しないでと言ってきたところなので大変複雑な気持ちでしたが、地元の施設ですし福祉健康委員でもありますので、参加してきました。

画像


この器具は、階段を人を乗せたまま昇降でき、介助者の負担も軽減できます。エレベーターのないアパートもまだ多数ありますので、助かります。1台約100万円だそうです。区で購入してくれたら、助かる人がいるでしょうね。
画像


同僚のあべ区議が試乗しています。
画像


寝たままの状態で入れて、ミストが出るお風呂。
画像


車イスの方がそのまま入浴できるお風呂。
画像


そして、一番普通のタイプ(?)。現地で色々説明をして頂いた看護師さんに「試してみませんか?」と言われ、浴槽の中に入ってみました。こうやって入った後、手前の部分がせり上がりお湯を入れるそうです。
画像


問題は、利用の際の料金や介護度によって、使いたいのに使えないという人が結構いるということです。
介護保険は今3年に一度の改定を行っているところですが、安倍政権による医療と一体の社会保障破壊によって、現状でも高齢者や家族、介護に従事する方々にとって更に厳しい方向へ行こうとしています。

税金を使う優先順位を変えて、介護を個人的な問題にさせない、介護難民を作らない、介護を担う人が安心して働けるようにする、等々の改善を図らねばと…。
画像

この記事へのコメント

Gノイズ
2017年09月15日 10:53
「戸山いつきの杜」を見学しました。介護ロボット介護を売りにしている事業者なので、便利な機器を見ることが出来ました。
ポータブル階段昇降機スカラモービルは介護保険枠内で利用出来るのであれば、お薦めです。ただ、操作者の年齢制限70歳があり、雨厳禁です。2時間程の操作講習会を受ける必要があり、多分、多くの人にとって、階段を落下させる恐怖を感じて、操作が難しいでしょう。運ばれる人はもっと怖い様です。
お泊まり室のベッドのマットレスもハイテクでした。ベッドの上での人の動きが記録され、在宅の独居者にも使えそうです。ただし、一般には介護レンタルしていません。

この記事へのトラックバック