ハガキによる詐欺、メールによる詐欺にご注意ください

新宿区内で6月に入ってから、法務省を名乗るハガキによる詐欺が多発しています。
このハガキは若松町の方に6月13日に届いたものです。届いてわずか2日後の15日が“訴訟取り下げ最終期日”となっているため、慌てて対応してしまうと思うのですが、真っ赤なウソです。

慌てて電話をすると、「弁護士に相談した方がよい。相談できる弁護士がいないなら紹介する」と仲間である偽弁護士を紹介し、着手金10万円、相談料300万円などと多額のお金を取られる羽目になるようです!
新宿区内で先週、1000万円もの被害にあった方が出ています。本当に気を付けてください。

画像


みなさんのお手元にもし来たら、下記にご相談ください。くれぐれもハガキの相手に連絡を取らないようにしてください。一昨日、区が作成した周知のチラシです。
画像



↓これは昨日、私のSMSに、「SMSinfo」なる特定できない相手から来たものです。ちなみに私は一度もアマゾンを利用したことはありません(';')
画像


一刻も早く犯人グループを捕まえてほしいです!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック